kanno.so

TEI’10

MITで行われたTEI’10に行ってきました。

初日

僕は5分程度のプレゼンをしたのとdemo sessionっていうので簡単な展示を行いました。
プレゼンはやっぱ英語の質問にちゃんと答えられず、お茶の水女子大の椎尾先生に助けていただいたりして、ひぃひぃでしたが。椎尾先生、ありがとうございました。

とても嬉しかったのは石井先生に『ギアっていいよね』って言ってもらえた事。

午前にプレゼンやったおかげで午後のdemo sessionはどれどれといった感じでいろんな人に見てもらえてとてもよかったです。demo sessionはどうみてもmake meetingにしか見えませんでした。

demoでは僕の後ろにkinematicsというかなり好みな作品があって、組めて、動く、ブロックなのですがかなりかっこよかった。作者のleo君とは結構仲良くなって飲みにいったりなど。

二日目

この日はワークショップがあった日でまだ触った事なかったReactableのワークショップに参加しました。
reactable作者からいろんな話が聞けて、それは良かったのですが、テーブルトップマルチタッチインターフェイスで何か作ってみようという趣旨のワークショップという事だった割には特別にやる事を準備していなかった模様で、ちょっとグダグダ感が。reactableはできてから結構経ってるし、簡単に思いつきそうな事はもう試し済みである模様でディスカッションもいまいち。最後の方にむりやりMITに転がっていたレゴの歯車に二次元コードつけて遊んだりしていました。

大度さん御一行のBodyHackのワークショップはかなり盛況していて
外人さんの顔がピクピクしてるのはかなり面白かった。

そのあとMIT Media labのオープンハウスでかなり興奮。
歴史的なあれやこれやも体験できました。
inTouch, Music Bottles, IO brush, topoboなど

三日目

この日は主にプレゼンでした。
興味深かったのはCaptain electric and Battery Boyとか
立体絵本にLED組み込んであるこれはかわいかったなぁ。

かなり他にも面白いものがあったりしたのでしっかりレポート書きたいところですが。。。。
レポートっぽいのはここhttp://tui.formundzweck.de/
Studioの様子はこのビデオがわかりやすい。一分半とかだし。

さて、Jamming Gearメンテして、あしたは学生CGの搬入にいかないと。