kanno.so

SENSELESS DRAWING BOT


この作品は二重振子のカオス性をもった動きを利用し、スプレーを用いてダイナミックに抽象的なラインをリアルタイムに描画する、自律生成型ドローイングマシンである。二重振子を取り付け、独自に改造を施した電動スケートボードが、振子の支点に取り付けたロータリーエンコーダによって振子の向きを判断し、左右に運動することで振れ幅を増幅させ、振子の運動量がある閾値を超えると、瞬く間に壁面へ描画を行う。動作の原理はいたってシンプルである。この作品では、現代の表現として世界で広く認知されている『グラフィティ』と呼ばれる落書き行為における、人間の身体や主張を排除し、描画プロセスに宿るダイナミズムを抽出することで、その行為を模倣する。即興性や、記号性、ヴァンダリズムとしての側面といった要素のみを提示することで、この行為の本質は一体どこにあるかを探り、新し解釈につなげることを試みる。

製作過程の写真を記載しているTumblr
thisisnotagraffiti.tumblr.com

山口崇洋との共同制作
yang02.org



SENSELESS DRAWING BOT is a self-generated drawing machine that using chaotic movement of double pendulum and drawing abstract line dynamically in realtime.
The modified electric skateboard with double pendulum detecting the direction of the movement of pendulum by rotary encoder on the fulcrum of it and amplify the wobble by moving right and left. if it passes over the threshold, it draws to a wall in a twinkling. so the principle of operation is quite simple.
This work simulates a act of graffiti by extracting the dynamism of the process of drawing by eliminating the human body and assertion from doodle action called “graffiti” that recognized as a expression method.
We exploring for “what is the essence of graffiti” by presenting the elements like extemporaneousness, symbol characteristic and vandalism. and trying to connect a new interpretation.

Photos of the process is in tumblr
thisisnotagraffiti.tumblr.com

Collaboration with Takahiro Yamaguchi
yang02.org