kanno.so

SEMI-SENSELESS DRAWING MODULES

IMG_478722_kanno:yang02_0005

Collaboration with yang02

SEMI-SENSELESS DRAWING MODULES consist of many drawing modules. Monorail trolley type modules move horizontally on the rail and the pens hanged from modules move vertically by winders. When modules collide with each other on the rail, they
change their directions. The range of vertical movement is affected by the environmental conditions such as people flow, loudness, temperature and humidity. Furthermore, the speed of the vertical and horizontal movements changes every moment with the environmental factors in realtime. Thus our drawing modules generate enormous abstract drawings interacting with each other and the surroundings for a very long time. Our work was exhibited in Sapporo International Art Festival and kept drawing on the temporary wall for 72 days.
It is said that many abstract painters express their own emotions and fix their evidence of their action to canvas. We tried to simulate an abstract painter himself with the thought that if the environmental changes affect the painter’s mind or the quality of his work, our modules also should go with these changes. Can our modules express their feelings more deeply by adopting these factors?

SEMI-SENSELESS DRAWING MODULESは復数の描画装置で構成される。トロリー型モジュールがレールを左右に移動し、モジュールから吊るされたペンが巻取り機によって上下運動を行い、壁面に抽象的な線を描画していく。レール上でモジュール同士が衝突すると、お互いそれまでとは逆方向に動き出す。上下の可動範囲は展示空間の人の多さや騒音量、その日の気温、湿度といった環境のコンディションによって、時間と共にゆるやかに変化していく。さらに、上下左右の動く速度も環境情報の計測結果を基に、リアルタイムに変動する。そうして描画機たちが相互に、そして自らが置かれる場と関係性を持ちながら、長い時間をかけて一つの巨大な抽象画を生成する。札幌国際芸術祭に出展された本作は会期中、札幌地下歩行空間に建てられた仮設壁に72日間描画し続けた。
抽象表現主義の多くの画家たちは、一般的に自身の感情を表現し、行為の痕跡をキャンバスに定着させたと言われている。本作では環境の変化が画家の精神状態に働きかけ、描かれる絵の質に影響を与えることを考慮し、外界の状況をマシンの動き方に反映させることで、抽象画家そのものをシュミレートすることを試みた。画家の感情を左右する要因や、長期的なインタラクションを取り入れることで、マシンによる表現はより深く豊かなものになり得るだろうか。