kanno.so

SDM3 – Portrait

_MG_0892
_MG_0893
_MG_9789

Created by So Kanno + yang02

Shown in the exhibition "Open Space 2015"
From May 23, 2015 to March 6, 2016
@ NTT InterCommunication Center [ICC]
www.ntticc.or.jp/Exhibition/2015/Openspace2015/

Shooting: Keizo Kioku, Kanta Mochida
Support: HAPS, ICC

***

SDM was designed as an abstract drawing system, but artists redesigned it for representational drawing in theme of noise, error and contingency for “SDM3 – Portraits”. It drew a portrait of us two in exhibition “ICC Open Space 2015” (from 23rd May 2015 to 6th March 2016).
Since the basic design is based on the previous work, it is an incomplete mechanism as a plotter. While it sets a motif to draw concretely, it takes in systematic errors whether willing or not in the process of its heading to the icon and a contingency becomes actual. In the exhibition space a camera is set and a computer is equipped with a system to draw a portrait while watching video of two artists who are being projected. This gives the audience an opportunity to appear on the camera and adds further uncertain elements.

抽象画を描くドローイングマシンとして設計された SDM だが、《SDM3 – Portraits》ではノイズやエラー、偶発性といったテーマの下、具象画を描くマシンとしてモジュールを再設計。NTT インターコミュニケー ション・センター [ICC] にて開催された「オープン・スペース 2015」
(2015 年 5 月 23 日 – 2016 年 3 月 6 日)にて、会期中に作者二人のポー トレイトを描かせることを試みた。
基本設計は SDM をベースにしているためプロッターとしては不完全な 機構であり、具体的に描くモチーフを設定していながらも、その図像に 向かっていく過程で生まれる機構的エラーを嫌が応にも取り込むことに なり、偶発性を顕在化させる。展示空間にはカメラを仕掛け、コンピュー ターがプロジェクションされた作者二人の動画をリアルタイムに見なが ら絵を描く構造を取り入れた。それは、鑑賞者もカメラに映り込む余地 を与え、さらなる不確定要素を取りこむことになる。