kanno.so

SDM1 – Replicate

IMG_9107
IMG_9031
IMG_8853

Created by So Kanno + yang02

Shown in the exhibition “True Graffiti”
From July 19 to August 30, 2015
@Chigasaki City Museum of Art
chigasaki-museum.jp/natsufuku/2015/

Shooting: Kanta Mochida
Support: Taro Mikami, Bunkyo University, Eboshi-za, HAPS
Sponsor: PILOT CORPORATION

Photo:
flickr.com/photos/yang02tm/albums/72157655750562419

***

On “SDM1 – Replicate” we held workshops with local students to replicate drawing which drawn by machine in 72 days in Sapporo International Art Festival.
During workshops, we captured movement of students’ hands by usind depth camera. and we operated drawing modules by the motion data to replicate the replica from workshop.
It is not an exaggeration to say that all the creative activity starts from imitating. Human starts to make anything from replicating, otherwise it’s not possible to create anything. always it starts from observation and copying.
Purpose of this work is to get to the heart of meaning of “Replicate” by thinking and trying to imitate in various way.

模倣をテーマにした《SDM1 – Replicate》では、まず地元の小学生、高校生を美術館の展示室に招き、札幌国際芸術祭2014にて機械が72日間かけて描きあげた、巨大な抽象画の模写を試みるワークショップを実施した。
ワークショップ中、子供たちの描画する手の動きは深度センサー付きカメラ(Kinect)によって描画壁面に対するXY座標のデータに変換し保存され、会期中そのログデータを再生することで展示室内のドローイングモジュールを稼働させ、機械による模写の模写を試みた。
人間の創造的行為は全て模倣からはじまるといっても過言ではない。人はまず他者の真似から何かをつくることをはじめるのであって、なんの経験も持たず、参照もせずオリジナルなものを創りだすことはできない。創造的営みのサイクルはいつも模倣からはじめられる。
本作では、子供たちによる作品を模倣するワークショップや、それをまた真似する機械、方法の違った模倣のプロセスを通じて「模倣」することの意義を考えてもらい、その本質について迫る。